2006年01月26日

ココアとバナナ!

 バナナとチョコって相性いいよね〜

 屋台でチョコバナナとか、クレープの中身のチョコとバナナとか、絶対はずれないもの。

 そして、シナモンとチョコも相性がいいんだよね!

 で、今回はそれを使ってドリンクでやってみようと思いたったわけです。

 ココアにバナナを入れることにしました。

 バナナはバターで焼き色付くくらい表面を焼きます。そして、砂糖少々ふりかけ、鍋の中で木べらなど使って細かくします。火を止めて、シナモンをふりかけます。

 ココアを別の鍋で作ります。ココアはいつもより濃い目に作ります。牛乳はやや少ないかな程度で。

 カップにバナナを入れて、ココアを注ぎます。


  ココアバナナ
 

 味は美味しかった。ホントに!朝食とかにいいかもしれないね。バナナが入ってるからエネルギーになるし。あと、間食とかやめてこれにしたりね。

 それに、ココアも冷えるこの季節にはいいです。バナナは南国の食べ物だから体を冷やすけれど、これだと火を通すから平気ですね。

 きっと、濃い味の方が合うんじゃないかと思って、ココア多めの牛乳少なめで作ったのは正解でした。この濃い味がバナナにとても合っています。

 あと、ふりかけるシナモンは多めにした方が美味しいです。もしかしたら、出来上がってからふりかけてもいいかもしれないです。バナナに味をつけたかったのですが、鍋にシナモンがついてしまったようです。

 このドリンクの難点はバターがココアの表面に浮かんでしまうこと。気にしない人ならいいんだけれどね…でもね、バナナについた焦げ目がココアの甘みと苦味がうまいくらいに合ってたので、どうしたものやらふらふら

 インドですごくバターくさい飲み物を飲んだことがあるので、あれを思えばなんでもないくらいなんだけどね。

 それにしても、あの黄色いこってりした飲み物はなんていう名前なんだろうな〜まずくはなかったけれど、自ら飲もうと思わないので、そこに滞在してる時存在は知ってても気にしてなかった。
 そんなだから、なりゆきで飲むはめになったので、名前とかガイドブックとか関係なかったし。それに、インドってガイドブックにない食べ物たくさんあったよな〜。

 …私が適当に食べてた人だったからかもしれないけど。

 ガイドブックで絶対に食べ残さないぞって人いますよね。以前、ベトナムで地球の歩き方を街中で夢中にむさぼるように読む二人の日本人の女性がいて、さすがに道に迷ったのかと声をかけてみると、二人は料理のページを見ていました。今日帰国だから食べ残しはないか、何を食べるか相談していたんです。いや、みんなで大笑いしてしまった。

 でも、旅に出ると日々食べ物のことばかり考えるよね。確かに。

 

 
posted by muchumi at 22:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

冬に養生すると春に元気でいられるそうなんです

 冬の食養生でのポイントを幾つか簡単にかきます。

 色は黒

 味は鹹味、あと辛み



 めちゃくちゃ簡単に書きました。でもこれを基本に考えていけばいいんです。

 鹹とは塩っ辛いってかんじかな〜食材としては魚介類です。あと、海藻類など。辛みはニンニクとか生姜、唐辛子。体を冷えから守るんです。あとは温性の食材や、調理法は温める方法で。

 理屈はまた丁寧に明日に書きます。


 でも、こんな風に基本をおさえて食事を作ると、今日は何食べようとかすぐ思いつくから季節ごとにやると、体にいいだけでなく素敵ですよね〜


 さて、今日はほうじ茶を使ってみたお茶です。



  ほうじ茶 りんご


 ほうじ茶を蒸らしながら、りんごの薄切りを入れてみました。

 味はちょっとりんごの酸味が出てしまい、まずくはないけれど…てな感じ。

 でも、匂いはいいです。りんごのさわやかな香りがお茶に移って素敵なフレーバーティーになりました。


 
 

 
posted by muchumi at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

フローティングアイランド♪

 今日は大雪雪だ〜

 久々、大雪グッド(上向き矢印)!朝から出かけなければいけないので憂鬱だった、けどけどけどーやっぱり雪は綺麗だね〜

 帰るときあまりの一面の雪の綺麗さにうきうきしながら、誰も足をつけてないところをズボズボ、新雪のところを蹴ったりして歩いてきました。友人から元気だね〜、なんてあとから言われました。

 めったにないことだから、雪で困ってる人には申し訳ないけどうきうきしてしまいます。

 明日になったら私も困ることでしょう。雪かきまったくしてないし。明日はすごくすごーく晴れるといいな。そして、車に乗れるくらいになりたいな〜

 今日はまじめに食養生のことをと思ってたけれど、今日の雪に合わせて素敵なデザートを紹介したい。

 あくまでこれはデザートで知られているものなんだけど、私の思考からはホットミルクにアレンジ加えたものだし、ドリンクでいいでしょう。

 これも本のエッセイから興味をもち、分量も載ってたのである程度見当つけながら適当に作りました。

 このエッセイを書かれている方は、子供の時に母親が淡雪という名で作ってくれたそうです。どうやら、フローティングアイランドをアレンジしたものらしいです。

 この雪景色を想わせるものです。


  フローティング アイランド


 分量は砂糖大さじ5くらい入れた牛乳を4〜5カップ鍋に入れて沸騰するまで待ちます。そして、角がしっかり立つまで泡立てた3個分の卵白をスプーンで丸めて入れます。

 入れると少し縮みますが、そのうちしっかり固まります。そしたら出来上がり。

 ガラスの器にミルクを注ぎ、上に卵白を浮かべます。


 でも、私は貧乏性なので基本的に必要分しか作りたくなかったので、ミルクはある程度煮れる位の量があればいいかと思い2カップ位と、砂糖はいつものホットミルクよりちょい甘めでと、適当にやりました。

 これは簡単でちょっとしたデザートにも見えるしいいですね!

 味はご想像におまかせ。大体見当つくだろうし、それにこれは味より食感がいい。いいです!

 
posted by muchumi at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

今夜も幸せで。

 昔、友達と何故だか夜に家の庭で遊んでいて、何で遊んでたんだろう…ホントに思い出せない。不思議だな〜。ま、いいか。
 
 姉か母か覚えてないけど、ホットレモネードを持ってきてくれました。

 季節は冬か秋か寒かったのは覚えている。

 そのレモネードが美味しかった!

 思い出した、天体望遠鏡で月満月を観てたんだ。

 それ以来、レモネードは寒くなってくると欠かせない飲み物のひとつです。

 今日は私がよく飲むレモネードにしました。

 作り方は簡単すぎて、でも一応。レモン1/2を絞って、コップに入れます。その中に大さじ1くらいのハチミツを、でも好みです。温かいお湯を注いで、スプーンで混ぜます。できあがり!お湯も最初から入れすぎない方がいいです。私は薄めより濃いめが好きなので。



  レモネード


 レモネードの後ろにりんごがありますが、関係なしです。もちろん洗濯のも干すものも。

 
 私は坂田靖子さんの作品が好きなんですが、この前エッセイっぽい本を見つけて読んだところ、自分は好食家と書かれていました。ああ〜なるほど、と私は思ったわけです。
 
 坂田靖子さんの漫画読んだことのある人ならわかると思うけど、あちこちに食べ物がでている。ワンタンを屋根に投げ捨てたから、ワンタンに呪われてしまう青年の話もあったな〜

 話がそれましたが、それを読んだ時私も好食家なんだなと思いました。決して、美食家ではないし、でも食べるの好き。

 美味しいと思った記憶って、結局なにかしらエピソードつきだな。そんな風に思います。私にとってレモネードのように。


 極端に考えれば、料理が下手だと思っている人は食べさせる人にお腹を空いてる状態で出す!暑い日には冷たいもの、寒い日には温かいもの。

 それだけで、普通に美味しいものがめちゃくちゃ美味しい記憶になる。
 卑怯ではないですわーい(嬉しい顔)。幸せな記憶がひとつ増えるだけですぴかぴか(新しい)

 今夜も寒そうだから、ぜひ温かいもの食べて幸せに!


  
 

 

 
posted by muchumi at 14:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

不健康も心の養生ということで…

 今夜はこころがざわざわしておちつかないです。

 実は飼ってる猫猫がここ最近具合悪いです。水も飲まない。通院中です。なのに、瞳はらんらんとしてる、元気に見える。さっきもニャーニャー訴え続けるので「どうしたいのかい?」と聞いてみると、「寝たいから、一緒に二階に行きましょう〜ニャー。騙してあんなところに連れてったんですから、私の言うこときいてくださいニャー」と言ってるようだった。

 二階の部屋の私のお布団を少し隙間あけてあげたら、サッサと入りました。寝るのかと思ってると様子が違う。布団の中で妙に移動、移動、移動。何してるのかと覗いてみると逆さになって四足で布団を持ち上げてる。じ〜っつとみてると、そのままどんぐりコロコロ状態でまた回ってる。何故?病院で打った注射の栄養剤でエネルギーありあまってるの?

 元気なのか元気ないのかわからない猫です。とにかく食べてほしいです。

 そして、別にも今日はイライラすることも。

 こんな日もあるよね〜もうやだ〜(悲しい顔)

 こんな日は自分に甘くなってあげまするんるん。その名も、甘アマDayです黒ハート

 もったいないです。イライラ、ざわざわしたままでいると、やりたいこともすすまないですから。

 今日はウインナー珈琲にしましょう喫茶店


ウインナーコーヒ


 ちょっと苦めなブレンド珈琲をコーヒーメーカーでいれます。

 その間に、生クリームを泡立てます。今回は甘さをハチミツ風味にしました。少々バニラエッセンスも。

 マグカップにコーヒーを注ぎ、その上にたっぷりのハチミツ風味生クリームをのせます。仕上げにホワイトチョコをスライスして一番上にトッピング!


 美味しかった〜!やっぱり心リセットは甘い飲み物やいい匂いの飲み物が効くー

 こうゆう食養生もあって良いよね。だって、心が健康でないのに、体が健康なんてつづかないからね。
 いつか表面に出てくる不健康を今のうちに何とかしといた方が良いです。大体2〜3年で表面化してくるらしいですね。
posted by muchumi at 10:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

今日もミルクで温まります♪

 今夜はひどい雨雨雷ですね〜

 久しぶりだな、こんな降りかた。でも、きっとこれは日本海側の大雪の影響なんでしょう。

 これがすべて雪だったら…ぞっとしちゃうな〜

 でも、雪好きだから遊んじゃうのかなわーい(嬉しい顔)

 大雪で雪だるまとかウサギとかそうゆうの、最近作ってないからな。楽しいかもね雪

 今夜はまたも、ホットミルクで温まりましょう。

 寒いとついつい、ホットミルクつくってしまう。

 
 ホットミルクストロベリー


 チェーと変わらない写真になってしまいましたが、違うんですあせあせ(飛び散る汗)

 これは、ストロベリーのフレーバーティーを使ってます。

 前にもらってなかなか使い切れないフレーバーティーを思い出したので、これを使ったらストロベリーリキュールを入れたホットミルクに近いかも、そう思いついてやってみました。

 作り方は簡単、カンタンるんるん

 鍋にミルクを入れます。そこに小さじ1くらいかな、ストロベリーのフレーバーティーを入れます。そして、沸騰寸前まで弱火で温め、マグカップに入れるとき茶漉しなどでこしてできあがり。甘さはお好みで!

 このストロベリーティーは美味しいけれどちょっとそのままではきついくらい匂いがついてたので、なかなか使い勝手が無く…

 今回はそんな紅茶が大活躍です。きついくらいがホットミルクにはいいみたい。

 
posted by muchumi at 21:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

ベトナムのチェーって知ってますか?

 ベトナムにチェーと言うかわいい響きのドリンクがある。
 
 ドリンクとゆうか日本的に考えるとおしるこみたいな感じかなー

 ベトナムでの好きな甘味物だったので、結構食べた。ベトナムって南北に長いから気候がずいぶん違うせいかな、チェーもいろんなバージョンがあった。

 基本的に甘いジュースの中にいろんな種類の食べ物が入ってる。ゼリーっぽいものやモチモチしたもの、くだものとかね。私が好きだったのは豆アンが美味しかった。

 私は冬になるとホットミルクが好き。寒い夜には温かくなる。その時にハチミツを入れると鼻に心地いいあま〜い香りがふわふわ届く。あの白い湯気と甘い香り冬には必需品だ。

 今回はそれに葛餅を作って入れてみました。

 
 ホットミルクくず
 

 写真はうまく撮れませんでした。このスプーンの底に葛餅を入れました。

 葛餅の作り方はくず粉の後ろに書いてある通りに。少量作ったのでミルク温めている間にできました。

 味はハチミツ入りホットミルクと変わりません。
 でも、葛餅のおかげかな〜飲み終わってから、胃というか胸というかホカホカって持続しました。

 チェーを思い出して中に入れたらと思ったんですけど、これはいろいろバージョンできますね〜

 今度は豆アンを入れてみたいな〜わーい(嬉しい顔)
 
 ベトナム人って豆好きなのかも〜豆のあんこをあちこちで味わったような気がする。
 実はその頃の私は豆乳は苦手だったし、豆あんも好んで好きだったわけじゃなかった。
 
 旅行は美味しいもの見つけられるきっかけになって楽しいな!黒ハート
 
posted by muchumi at 20:33| Comment(5) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

今日はまじめに食養生の基本

 食養生とは簡単に言っちゃえば自然に生きること、なんだと思います。

 始める時に覚えとくといいのがいくつかあります。

  薬食同源   薬と食べ物は一体である。よって、食べ物で調子を整える。

  食性
   前から少し書いてあった、食材の持つ体への作用。五つに分けられます。

   …体を温める作用が強く、興奮作用がある。
   …体を温める作用がある。
   …穏やかな性質で、熱に関する体への影響は少ない。
   …体を冷やす作用がある。
   …体を冷やす作用が強く、鎮静・消炎作用がある。

   食べる人の体調に合った、そして季節に合った食事を取り入れること。

  五味・五色
   食べ物にはさまざまな味や色があり、それぞれが体への作用が異なると考えられてる。
   バランスよく楽しむことが、体の調子を整えるとともに、おいしく食べられます。

   五色…青・赤・黄・白・黒
   五味…酸・苦・甘・辛・鹹(しおっからいもの)

  身土不二
   体と環境は深い関係があるという意味。
   自分の体には生まれ育った土地の食べ物が一番。
   
   でも、今住んでるところと考えていいです。半径30キロのところで取れたものを食べましょう。
   そして、体を冷やす食品でも、その土地でとれた旬のもの選ぶこと。

  一物全食   食べ物を丸ごと全部食べること。野菜なら皮から葉っぱまで、魚なら内臓や頭まで。
   そう考えると、できるだけ安全な食材を使いたい。



 まだまだあるけれど、基本的にはこんなところから入っていこう!
 
    
 この前このブログを見てくれた友達が、一家でユズブームです!と報告してくれた。

 たった一枚で香りがいいよね〜と言うのと、やっぱり味にそこまで変化がないことがいい。
 で、今日のお茶はほうじ茶にユズの皮を一枚入れました。

   ほうじ茶ユズ

 ほうじ茶のほうが緑茶より味がついたかなって気がしました。
 
 おそらく、ほうじ茶のほうが緑茶より熱が高いからかもしれないです。

 私はフレーバーティー飲んでるようでよかったけれど、お試しあれ!
    



   
posted by muchumi at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

ココアを豆乳で!

 今日も朝から早起きしなくちゃいけない用があり、朝の楽しみはココアだわ、と昨日から心に決めてました。

 昔から寒い時期はホットのミルクを使った飲み物が大好きでわーい(嬉しい顔)
 
 中学生の頃ホットミルクを朝食に飲むのにはまってたな。しかも、レンジでチンは邪道で、鍋でフツフツとやるのがこだわりで。今じゃ、チンしまくりですけどねグッド(上向き矢印)
 もうひとつのこだわりで、最後にストロベリーリキュールを入れてました。そうすると、ホワッと苺の匂いがたちこめるのがいい香りで〜。でも、それって毎朝酒飲んでから授業受けてたってことで、微妙に匂いアル中ってこと…かなバッド(下向き矢印)

 今もそのくせは抜けないなー、反省なしグッド(上向き矢印)

 そうそう、ココアも温性の食材に入ります。
 
 だから、特に何もしなくてもいいか〜と思ってたんだけど…

 作ってるとどうしても思いついたこと実験したくなります。
 
 今日も、ココアを鍋に入れてたら〜ひらめきひらめきひらめき

 豆乳で作ったらとか、スパイス入れたらとか思いだしてグッド(上向き矢印) 

 こんな感じになりました!

ココア1

 作り方は、鍋にココアと三温糖と塩気持ち少々入れて混ぜます。砂糖は、上白糖は体を冷やす冷性の食材なので三温糖にしました。砂糖はいつも作るより控えめにしといた      方がいいです。出来上がり直前に調節しましょう。なぜなら今回は牛乳ではなく      豆乳なので。

 そして、軽くココアの匂いが出てくるまで弱火で炒ります。その方が香ばしいココアができるんです。そして、水をホントに少し入れてクリーム状にします。
      
 フツフツしてきたら、牛乳を入れるんですが、今回は無調整豆乳を使いました。
 量はココアの味の好みなので適当に。無調整豆乳と調整豆乳で甘さが変わります      から、ここで甘さの調節した方が失敗ないです。

 温まったらできあがり!
      
 今回はこれにトッピングしました。
 ブランデーを好みの量とシナモンです。両方とも体を温めます。
      
 今回はシナモンパウダーではなく、シナモンスティックを使って最後にパタパタして泡立たせてみました。  

 豆乳の味が美味しいです。豆乳好きな人は好きな味になると思います。お店とかのソイ・ラテ好きな人はきっと好きですよ!      

 
posted by muchumi at 11:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

昨日雪を見てから、絶対今日はうどん!て決めてました。

 昨日、今年の初雪だったよね〜
 
 帰り際、電車を降りた時粉雪が降っていて、少しうきうきしてマフラーから顔を出したけど、明日の朝を思って憂鬱になった。こうゆう時に限って朝早く起きなくちゃ〜って用があったから。やっぱり、雪とか雨とか降ってる日は家でデレンデレンする楽しみがあるんだよね。

 そして、その寒さから、絶対朝はうどん!そう思ってた。本当に私は食い意地がはってる。でも、楽しいからいいや。

 その為に早起きをと思ったけど、目が覚めて窓の外見たら無理ムリ〜

 二度寝しました。しかも、目覚ましを5分置きのスヌーズではなく、ちゃんと20分後にかけなおして。

 それでも、うどん作りました。

 この前ちょろっと話した陳皮をつかった肉うどん。

   
 ちんぴ うどん


 今回は鶏肉使いました。

 食べたとこ、美味しいけど、豚肉の方が陳皮には合います。あの脂っこいのに陳皮のさわやかな柑橘系の味が合うのかな〜多分。

 そして、野菜にたまねぎと薬味をかねて生姜を千切りにして入れました。

 今回はちょっと生姜について。

 生姜は素敵な食材です。とても、大好き!!!ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)揺れるハート

 生姜は温性の食材に入ります、よって体はもちろん温めます。かつ胃腸の調子を整えてくれて食欲を増進するそうです。生姜の紅茶とか美味しいし。体ぽかぽかするし。でも、いくつか作り方ってあるんだよねー
 そのうち、ここで生姜紅茶やろうっと。

 風邪をひいたら生姜です。早めに生姜!

 朝は早く寒いけれど、体がぽかぽかしていると案外元気なものですよね。

 これが北風かぁ、と思いながら足どり軽く、鼻歌しながら駅に歩いていきました。
 
 北風ピープー吹いている〜♪って、何の曲だっけなグッド(上向き矢印)そう云えば

 
 今日も、明日の朝はココアにしようと決めてます。その為に早起きがんばろうパンチ
posted by muchumi at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

ほうじ茶を使いました。

 今日はほうじ茶でブレンドティー

 これはこの寒い季節にぴったりではありますね〜

 材料は、ほうじ茶、くず、ハチミツです。

 作り方はほうじ茶をちょっと濃い目にだします。
 そして、お湯で溶いたくずを入れて、好みの甘さにするためハチミツを。

  ほうじ茶

 
 ほうじ茶は日本茶と違って、温性の食材になります。ハチミツは平性の食材だけど、のどの潤いにいいし、くずはこの前書いた通り。

 この季節にばっちりです。

 明日からまた寒波が日本に来るとかニュースで言ってますね〜
 風邪ひかないように。

 私は冷え症なので、とにかく三食ちゃんと食べないと体に熱が作られないような気がするので、ちゃんと食べた正月でした。結果太ったな〜これ以上は太りたくないなー

 でも、まだ正月気分抜けないです。やばっがく〜(落胆した顔)
posted by muchumi at 14:02| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

りんごのドリンク

 今日はりんごの使ったドリンクを紹介します。

 私のレシピではなく、本を読んでいて美味しそうと思ったものです。

 私も初食べなので楽しみ!まずければまずいでいいし、試しに飲んでみないとね。

 作り方は簡単です。が、ちょっと時間がかかるのが気になるけれど、手間はそれほどなのでいいかなくらいですね。あと、材料に陳皮と杏仁粉を使うところが、普通日本の家庭に取り揃えるものではないですよね〜。ちょっと今飲みたいから作ろうという気軽さにかけるのが、私には気になる。

 でも、陳皮は使えます。あるとお役だちです。

 陳皮はちんぴと発音します。漢方の材料なので、漢方のお店にあります。これは、みかんの皮を乾燥させたもので、体を温めてくれる温熱性の食材の部類になります。これの効果は胃の働きを活発にさせ、消化不良、食欲不振などに役立ち、せきやたんなどを改善する働きがあります。
 五行説にあてはめると、臓腑では肺や心にいいですね。

 後、お風呂に入れて入浴剤にもいいですね〜
 ちなみにこの前、肉うどんにいれたら最高でした。

 食材には温熱性、寒涼性、平性の食材と分けられるんです。これらは、季節によって使い分けたり、自分の体に合ったものと使うようにするんです。調理法でも、寒性のものが温性に変わったりと覚えると楽しいですよ。

 今回は杏仁粉ではなくくず粉でやってみました。くずの方が家にある人もまだ杏仁粉より多そうですし、くずも肺を潤すのにいいので、この季節のお勧め食材になります。

 では、材料から
  
      りんご 1/2
     ハチミツ 大さじ1
     陳皮 小さじ1/4
     くず粉 大さじ1
     水  200cc


 作り方

    陳皮を分量の半分の水につけてもどし、20分位煮ます。弱火くらいで。
    そして、水で溶いたくず粉を入れてとろみがつくまでかき混ぜる。
    その後、残りの水とおろしたりんご、はちみついれて温まればできあがり。


  りんごドリンク

 甘くて美味しいですね〜
 胃の中がずっとぽかぽか持続しました。
 ただ、ハチミツの分量はお好みだと思いました。ちょっと大さじ1は私には甘すぎでした。
 くずの量もお好みかと思いますが、私はこれでもいいです。ただ、少しだまにしてしまった。でもそのモチモチ感も美味しかったので、これもいいのでは。

これはお腹のサポートドリンクです。
 
 
      
   

 
 
posted by muchumi at 15:03| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

今日のブレンドティーは緑茶を使って!

 今日は寒い〜
 でも、案外動いてみると特別寒いわけでもないな、多分この曇り空が寒さをよりいっそう寒さを感じさせるのかも。目でも寒さを感じるんだね〜

 こうゆう日はやっぱり温かいお茶だよね!

 今日は緑茶ベースのブレンドティーにしました。

 緑茶ベース豆乳ブレンド


 味は美味しかったわーい(嬉しい顔)
 案外くせになりました、思わず三杯飲んじゃった。

 緑茶を普段飲んでるより濃いめに作ります。
 その間に豆乳を温めておきます。
 カップに半分くらい緑茶を入れて、豆乳を入れます。
 豆乳の量は、試しに豆乳多めと少なめでやったところ、多めだと豆乳の味が濃くて緑茶の味が薄くなりお茶な気分ではなかったので少なめがお勧めですが、好みですね。
 私はこのままで美味しかったけれど、試しにハチミツを入れました。甘めが好きな人はぜひ入れてください。冷めかけのときはハチミツ入ってるほうが美味しかったです。

 
 昨日書いたブログで、私は脾が弱いのでそれにあった食材を食べてることですが、穀物など食べるようにしてるので、豆類も食べてます。豆乳はそういったところから飲むようにしています。

 こうやって必要なものをこまめに取るとなんだか体にもいいし、美味しいしで幸せ2倍黒ハート 
 
 それにしても、こうやって飲むと昔バンコクで旅行中のこと思い出しました。
 貧乏旅行だったけど、その時はゆっくりとお茶したいとホテルのなかの綺麗なロビーに行きました。で、友人は紅茶を私はジャスミンティーを頼んだ。こんないい気分はそうそうないから、ふんぞり返りながらお茶を待ってたな〜。そのうちお茶が来ました。

 とても真っ白な食器が揃えられて、ポットにお茶も程よく入って、めちゃくちゃハッピー気分!でも、よく見るとミルクが二種類。なにこれと、友人と顔を合わせたっけ。多分、漫画で描けば絶対?マークがいっぱい出てる。ミルクの色も微妙に違う。
 
 ジャスミン茶にミルクという発想がまったくなかった頃だから、タイと日本の文化の差か〜と笑いあってた。とても美味しいジャスミン茶だからもったいないと思いながらも、好奇心から入れた。飲んでみた。まずくはなかったけれど、ジャスミンの味がきえてしまっていた。すごくドキドキしたから、よく憶えている。

 でも、今思えばお茶なんだからミルクを入れてもおかしくない。ミルクも入れすぎだったのだろうな。私達は無知だったー恥ずかしいな。変なことするねーなんていいながら、ホテルを後にした。いえ、バカなのは私達だから(^^)
 今行けば、もう少しましな飲み方ができるのに、いつかリベンジしなくちゃね!
 
posted by muchumi at 16:47| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

初めての投稿です。よろしく〜

 昨年、年内のうちにブログをやるぞーと思ってたけれど、師走はなんだか忙しいですね。できなかった(-o-)
でも、焦ることは厳禁ナンバー3のなかに入るので、きっとこれはこれでいいんだよね!ちなみに、厳禁ナンバー3は私が勝手に心に決めたことです。あしからず!

 このブログは、漢方的考え方をもりこんだものにしようと思ってます。
 漢方とか言うと難しく聞こえるけれど、漢方薬ではなく、食養生です。
 
 身近にある食材を使って、美味しく心地良く気楽に実践していこうと思ってます。
 
 興味ある方、ぜひみて下さいね。
 知識ある方、ぜひ教えて下さいね。

 今回はゆず。
ゆず

 もう、大好きです〜ハートたち(複数ハート)この匂いたまらないです。
 柑橘系の香りはさわやかだから、たいていの人がきっとすきなんじゃないかな。
 
 香りの成分にはリモネン、シトラール、ノミリンなどだそう。効能の中の一部には毛細血管を刺激し血行がよくなるそうです。よって、新陳代謝を活発にするので、体を温め冷えにいいそうです。そして免疫力を高める効果から、風邪対策にも使えます。他にも効果はいろいろあるらしいですが、私のなかでヒットはリモネンの効果。皮膚に膜を作り肌の水分を逃がさないようにしてくれるので、保湿効果に良いというところ。

 身に憶えある方多いんじゃないかな〜
 昔から、ゆずの種を入れた化粧水とか、冬至のお風呂とか。昔の人は知らなくても、理に適ったことをしてることが多い。
 そして、季節もその季節に取れるものが、ちょうどよく体に必要だったりするから、不思議。

 漢方の考え方で、五行説では自然界の「木、火、土、金、水」、これらに五臓「肝、心、脾、肺、腎」をあてはめて考えていきます。他にもこれに、五味、五色などもあてはめます。そして、その体に合う食材を使って料理するのが、食養生。季節も関係があって、その季節にあったものを食べると、良好な体作りにつながるんです。
 これらは、深くやると難しいので、後々説明していこうと思います。簡単に言えば、これら五つの要素がバランスよく調和するといい状態が生まれるというわけです。
 
 一人ひとり体には個性があって、どこが弱かったり、強かったりするから、そこを食で調節していくわけです。結局、自分の体に合ったことをしないと効果は期待できないけど、合った事をするとエ〜と思うくらい効果が出る。
 
 色々見た結果、私は脾が弱いので、それにあった食材を食べてたら、甘いお菓子を食べたい欲求が少なくなった。あと、生理に痛みがなくなったりも。興味あったらやると面白いからお勧めです。

 ではでは、今日はゆずを紹介したので、ゆずを使った紹介です。
ゆず茶2
 ただ、緑茶を入れて最後にゆずの皮を浮かべてみました。
 ほのかな香りが緑茶の味にあっていました。
 お客様がいたので、思いつきでやってみたけれど、なかなかよかったです。
 ただ、ゆずの皮入れすぎに注意です。三枚くらい浮かべたら匂いがきつくてちょっと下品な感じ。好みだろうけど、私は、お湯のみに一枚くらいがベストでした!
 




 



 
 


 
posted by muchumi at 18:52| Comment(12) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。