2006年01月26日

ココアとバナナ!

 バナナとチョコって相性いいよね〜

 屋台でチョコバナナとか、クレープの中身のチョコとバナナとか、絶対はずれないもの。

 そして、シナモンとチョコも相性がいいんだよね!

 で、今回はそれを使ってドリンクでやってみようと思いたったわけです。

 ココアにバナナを入れることにしました。

 バナナはバターで焼き色付くくらい表面を焼きます。そして、砂糖少々ふりかけ、鍋の中で木べらなど使って細かくします。火を止めて、シナモンをふりかけます。

 ココアを別の鍋で作ります。ココアはいつもより濃い目に作ります。牛乳はやや少ないかな程度で。

 カップにバナナを入れて、ココアを注ぎます。


  ココアバナナ
 

 味は美味しかった。ホントに!朝食とかにいいかもしれないね。バナナが入ってるからエネルギーになるし。あと、間食とかやめてこれにしたりね。

 それに、ココアも冷えるこの季節にはいいです。バナナは南国の食べ物だから体を冷やすけれど、これだと火を通すから平気ですね。

 きっと、濃い味の方が合うんじゃないかと思って、ココア多めの牛乳少なめで作ったのは正解でした。この濃い味がバナナにとても合っています。

 あと、ふりかけるシナモンは多めにした方が美味しいです。もしかしたら、出来上がってからふりかけてもいいかもしれないです。バナナに味をつけたかったのですが、鍋にシナモンがついてしまったようです。

 このドリンクの難点はバターがココアの表面に浮かんでしまうこと。気にしない人ならいいんだけれどね…でもね、バナナについた焦げ目がココアの甘みと苦味がうまいくらいに合ってたので、どうしたものやらふらふら

 インドですごくバターくさい飲み物を飲んだことがあるので、あれを思えばなんでもないくらいなんだけどね。

 それにしても、あの黄色いこってりした飲み物はなんていう名前なんだろうな〜まずくはなかったけれど、自ら飲もうと思わないので、そこに滞在してる時存在は知ってても気にしてなかった。
 そんなだから、なりゆきで飲むはめになったので、名前とかガイドブックとか関係なかったし。それに、インドってガイドブックにない食べ物たくさんあったよな〜。

 …私が適当に食べてた人だったからかもしれないけど。

 ガイドブックで絶対に食べ残さないぞって人いますよね。以前、ベトナムで地球の歩き方を街中で夢中にむさぼるように読む二人の日本人の女性がいて、さすがに道に迷ったのかと声をかけてみると、二人は料理のページを見ていました。今日帰国だから食べ残しはないか、何を食べるか相談していたんです。いや、みんなで大笑いしてしまった。

 でも、旅に出ると日々食べ物のことばかり考えるよね。確かに。

 

 
posted by muchumi at 22:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。