2006年01月10日

今日はまじめに食養生の基本

 食養生とは簡単に言っちゃえば自然に生きること、なんだと思います。

 始める時に覚えとくといいのがいくつかあります。

  薬食同源   薬と食べ物は一体である。よって、食べ物で調子を整える。

  食性
   前から少し書いてあった、食材の持つ体への作用。五つに分けられます。

   …体を温める作用が強く、興奮作用がある。
   …体を温める作用がある。
   …穏やかな性質で、熱に関する体への影響は少ない。
   …体を冷やす作用がある。
   …体を冷やす作用が強く、鎮静・消炎作用がある。

   食べる人の体調に合った、そして季節に合った食事を取り入れること。

  五味・五色
   食べ物にはさまざまな味や色があり、それぞれが体への作用が異なると考えられてる。
   バランスよく楽しむことが、体の調子を整えるとともに、おいしく食べられます。

   五色…青・赤・黄・白・黒
   五味…酸・苦・甘・辛・鹹(しおっからいもの)

  身土不二
   体と環境は深い関係があるという意味。
   自分の体には生まれ育った土地の食べ物が一番。
   
   でも、今住んでるところと考えていいです。半径30キロのところで取れたものを食べましょう。
   そして、体を冷やす食品でも、その土地でとれた旬のもの選ぶこと。

  一物全食   食べ物を丸ごと全部食べること。野菜なら皮から葉っぱまで、魚なら内臓や頭まで。
   そう考えると、できるだけ安全な食材を使いたい。



 まだまだあるけれど、基本的にはこんなところから入っていこう!
 
    
 この前このブログを見てくれた友達が、一家でユズブームです!と報告してくれた。

 たった一枚で香りがいいよね〜と言うのと、やっぱり味にそこまで変化がないことがいい。
 で、今日のお茶はほうじ茶にユズの皮を一枚入れました。

   ほうじ茶ユズ

 ほうじ茶のほうが緑茶より味がついたかなって気がしました。
 
 おそらく、ほうじ茶のほうが緑茶より熱が高いからかもしれないです。

 私はフレーバーティー飲んでるようでよかったけれど、お試しあれ!
    



   
posted by muchumi at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11528458

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。